スキューバダイビングとは

エイ
ダイビングと言ってまず思い浮かぶのは、スキューバダイビングだと思います。
雑誌や映画、その他の映像などで、海の世界を見たことがあっても、実際に体験するのとは大きな違いがあります。
スキューバダイビングは、青く神秘的な美しい海の中の生物をその目で見ることができるものです。
水中という呼吸が出来ない状態でありながら、ボンベをつけて呼吸をする時の不思議な感覚も体験する事が出来、無重力のような体験も経験する事が出来ます。
これはスキューバダイビングを体験した人だけが味わえる、独特の感覚で、一度体験すると病みつきになることも多いと言われています。
沖縄ダイビングは回数を重ね、経験を積んで行く事で、貴重な体験から、好奇心が芽生えたり、冒険心が芽生えたりすることも多いそうです。
海の中の生物の生態について興味を持つ事もあれば、海底の様子に興味を持つ人も居るそうです。
どこの海に潜るのか、どの季節に潜るのか、時間帯や潮の流れにより、さまざまな海の中を体験する事が出来、スキューバダイビングをするたびに同じ海の風景ということはほとんどないそうです。
こうした海の中の変化を感じる事が出来るのも、スキューバダイビングの醍醐味と言えるでしょう。

スキューバダイビングに必要な器材

砂にまみれるエイ
スキューバダイビングは、いくつか種類があるダイビングの中でも、比較的始めやすく身近で人気があるジャンルです。

スキューバダイビングをする時にはいくつかの器材が必要になります。
人間は水中では呼吸をすることが出来ない為、さまざまな器材を使って潜ります。
水中にもぐっている最中は装着している器材に依存し、また活用して過ごす事になります。

潜る際に必要なものとして、マスクがあります。
水中の景色が見やすいよう鼻までカバーされるようになっており、海水が浸入しない設計で、空気をマスク内に取り込み、排出するという役割も担っています。
自分の顔にフィットするものを選ぶ事が出来ます。
水中を泳ぐ際に必要になるフィンは、各器材を身につけて泳ぐ際にはとても重宝するものです。
ゴムやプラスチックなど、材質や長さを自分の脚力に合わせて選ぶことが出来、フィンを履くためのブーツと一緒に装着することが一般的です。
水中で呼吸をするために必要となるのがレギュレーターです。
スキューバダイビングで最も大切な器材で、水中のどの水深でも、自然な形で呼吸ができるようにしてくれる器材です。
コンパクトなものから、呼吸のしやすさに重点を置いたものなど、さまざまな種類があります。

ダイビング動画

新着情報

◆2014/04/15
スキューバダイビングとはの情報を更新しました。
◆2014/04/11
運営者情報の情報を更新しました。
◆2014/04/07
スキューバダイビングの海洋実習の情報を更新しました。
◆2014/04/07
スキューバダイビングのライセンスのステップアップのためにの情報を更新しました。
◆2014/04/07
スキューバダイビングの始めの一歩の情報を更新しました。